お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 協会通信
  4. 「協会通信No.333」(R1.11月号)
協会通信

2019.11.15
「協会通信No.333」(R1.11月号)

協会通信No.333を、下記に添付します。本号の記事は、

◆トピックス:次回制度改正に向けた動き

◎連載:ホーム運営に役立つリスクマネジメント (第8回【全12回】)

○連載寄稿  現場からのメッセージ
              リブインさくらより

◎シリーズ連載 今、現場では!(第6回)
  入居時自立を維持する取り組み
    株式会社アクティブライフ(アクティブライフ箕面)

○データファイル≪行政等の動き≫

○ ホーム事業Q&A

Q 先日入居したばかりの入居者の家族から、「思っていた生活と違う」ということで、クーリング・オフの適用を求められた。有料老人ホームにもクーリング・オフかあるのか。どう対応すべきか

◎事務局からのお知らせ

などです。

また、ホーム運営に役立つリスクマネジメントで紹介させていただいた、「困難事例での退去をやむを得ぬ状況と判断すべき基準 (具体例)」データをいただきましたので参考資料として下記に添付します。データは、改定前の有老協標準入居契約書を参考に作成されていますので、自社の入居契約内容・協会の標準入居契約書を参考にご検討ください。

ホーム運営等にお役立てください。

PAGE TOP