お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 協会からのお知らせ
  4. 平成26年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成26 年度調査) 「集合住宅における訪問診療等の実態調査」へのご協力のお願い
協会からのお知らせ

2014.08.19
平成26年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成26 年度調査) 「集合住宅における訪問診療等の実態調査」へのご協力のお願い

 厚生労働省は、診療の実態を勘案しつつ、医療提供体制の充実化を図り、より適切な医療サービスが提供されるよう、2年毎に診療報酬の改定を行っています。

 平成26年4月の診療報酬改定では、在宅医療を担う医療機関の確保と質の高い在宅医療を推進するため、訪問診療、歯科訪問診療、訪問看護及び在宅薬剤管理指導業務に係る評価の見直しが行われました。

 今回の診療報酬改定による影響等を検証するために、今般、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等を対象に、入居者における訪問診療等の利用状況、診療報酬改定前後での訪問診療等の実施機関数や実施内容の変化、訪問診療等においてお困りになっていること等を正確に把握することを目的に、匿名形式により、本調査が実施されることになりました。

 本調査の結果は、厚生労働省が行う診療報酬の充実に役立つものとなります。
 調査票は、有料老人ホームについては、全国で約500施設を抽出して発送されています。
 もし調査票が送付されてきた場合は、ご協力を賜りますよう、会員各位へお願いする次第です。

 参考として、「集合住宅における訪問診療等の実態調査」調査票(PDFファイル)を以下に添付します。

PAGE TOP