お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 協会通信
  4. 「協会通信No.353」(R3.7月号)
協会通信

2021.07.15
「協会通信No.353」(R3.7月号)

協会通信最新号を、下記に添付します。ホーム運営の参考資料としてぜひ周知・ご活用ください。

≪協会通信No353  主な掲載記事≫

◆トピックス
 ・ ワクチン接種に関するハラスメントについて
 ・「保険外サービス活用推進に関する調査研究事業」報告書が公表されました!

〇シリーズ連載 今、現場では!(第26回)
 介護施設におけるコンプライアンス普及活動の成果とその課題
   ~施設内における勉強会と実態調査を例に~
           株式会社ラポール(らぽーる上尾) 

● ホーム事業Q&A

(1)「医師の医学的判断及び技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼし、又は危害を及ぼすおそれのある行為」を医師の指示のもと看護師がおこなう場合、ホームの看護師による過失等で事故が生じた際、指示をした医師の所属する医療機関でなくホームの責任となりますか。  

(2)療養上の世話にかかる衛生材料・医療材料の中で、ホームで負担すべきもの・医療機関側が負担すべきもの・入居者が患者個人として負担すべきものについて教えてください。また、ホームには、救急セット程度の衛生材料と、褥瘡等に対応するための応急の医療パッドを備品として用意しています。ホームの看護師が医師の指示により処置を行う場合、衛生材料・医療材料はどこまで介護報酬に含まれていると考えるべきでしょうか。

◇ データファイル≪行政等の動き≫

◎ 現場からのメッセージ
 介護付有料老人ホームサンシャインつくばリゾートより

◆ 事務局からのお知らせ

□ 介護事故情報

〇 賛同会員のご紹介
 ・ファーストステップ合同会社
 ・株式会社空飛ぶペンギン社

PAGE TOP