お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 制度・行政情報
  4. 医療・感染症関係
  5. 社会福祉施設等におけるノロウィルスの予防対策について
医療・感染症関係

2019.12.23
社会福祉施設等におけるノロウィルスの予防対策について

 感染性胃腸炎の患者発生は、例年、12月の中旬頃にピークとなる傾向があり、特に集団発生例の多くは、ノロウイルスによるものであると推測されている(※1)ことから、厚生労働省より注意喚起文書が発出されました。 

 つきましては、事業者の皆様におかれましては、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が急増するシーズンに備え、下記にご案内の「ノロウイルスに関するQ&A」(※2)、「ノロウイルス食中毒予防対策リーフレット」(※3)、「ノロウイルス等の食中毒予防のための適切な手洗い(動画)」(※4)及び関係通知等を参考に、手洗いの徹底、糞便・吐物の適切な処理、調理従事者の健康確認等の感染症・食中毒予防対策に努めるようお願いします。

PAGE TOP