トピックス&ニュース

人生の最終段階における医療・ケアに関するリーフレットについて

 厚生労働省は、全ての方が自分らしい暮らしを人生の最期まで続けられるようにするため、関係者からヒアリング等を行いながら、本人の意思決定やその意思の共有のために必要な適切な情報提供及び普及・啓発の在り方について議論を重ね、本年3月に検討会報告書をとりまとめました。

 その中で、人生の最終段階における医療・ケアについて、本人が家族等や医療・ケアチームと事前に繰り返し話し合うプロセスを重視したアドバンス・ケア・プランニング(「ACP」)の普及・啓発を図ることを目的に、リーフレットが作成されました。つきましては、厚生労働省から周知の依頼がありましたので、以下をご参照下さい。

ホームページ掲載先