トピックス&ニュース

パートタイム労働者の「職務分析・職務評価普及事業」について

 厚生労働省は、標記「職務分析・職務評価」の普及のため、その導入を支援する専門家(職務評価コンサルタント)を全国の企業に無料で派遣し、企業の取組をサポートする事業を実施しています。
 人手不足が深刻な現在、優秀な人材の獲得・定着化は、企業共通の課題であり、雇用する人材が多様化する中、正社員だけでなく、パートタイム労働者においても同様となっています。パートタイム労働者の納得度を高め、やる気を引き出すためには、パートタイム労働者の職務内容を正確に把握し、正社員との間の均等・均衡待遇の状況を踏まえて、パートタイム労働者の人事・賃金制度について必要な見直しを行うことが重要であり、このための手法の一つとして「職務分析・職務評価」の手法は非常に有効です。
 ついては、厚生労働省が業務委託しているPwCコンサルティング合同会社において、職務分析・職務評価コンサルティングを受ける企業を募集しており、周知の依頼がありましたので、お知らせします。