トピックス&ニュース

「サービス産業動向調査」の実施に関するご協力依頼

 総務省統計局は、統計法に基づきサービス産業動向調査を実施しています。

 サービス産業動向調査は、サービス産業(第3次産業)の生産・雇用等の動向を把握し、サービス産業の事業活動を行っている全国の企業・事業所の中から、統計的な手法により約4万の企業・事業所を対象として毎月実施する調査です。また、実態をより詳細に把握するため、年1回、約8万の企業・事業所を対象に拡大調査を実施しています。

 我が国経済におけるサービス産業の割合は、GDPの7割を超えており、サービス産業に係わる統計は、社会や経済の実態をより的確に捉えるため、その重要性がますます高まっています。

 つきましては、調査の対象となりました企業や事業所の皆様におかれましては、サービス産業動向調査の趣旨や必要性をご理解いただき、ご回答へご協力いただきますよう、お願いします。