トピックス&ニュース

「地域包括ケアと住まい~終の住処づくりを目指して~」シンポジウムのご案内

 (公社)日本建築士会連合会と(一社)高齢者住宅推進機構の主催により、「地域包括ケアと住まい~終の住処づくりを目指して~」をテーマに、高齢者にとって、地域包括ケアシステムにおける適切な住宅・住環境とはどのような環境なのか、実現のための方策などについて、専門家によるシンポジウムが開催されます。
 建築の関係者はもとより、終の住処のあり方をお考えの方に参加いただけますので、お知らせします。

◆開 催 日
:平成28年2月29日(月)13時30分~17時
◆会   場
:全国町村議員会館 2階大会議室
◆参 加 費
:1,500円(資料代含む)
◆募集人数
:200名程度

プログラム

1.基調講演
  • 地域包括ケアシステムにおける高齢者の暮らしの支援
    【講師】厚生労働省老健局振興課長 辺見 聡 氏
  • 地域包括ケアシステムにおける「住まい」とは
    【講師】国土交通省住宅局安心居住推進課長 和田 康紀 氏
2.パネルディスカッション
  • 地域包括ケアの基盤としての「住まい」と「住まい方」を考える
    コーディネーター 髙橋 紘士 氏(高齢者住宅財団理事長)
    パネリスト 園田 眞理子 氏(明治大学教授)
    パネリスト 井上 由紀子 氏(日本社会事業大学教授)
    パネリスト 吉田 紗栄子 氏(一級建築士)
    パネリスト 辺見  聡 氏(厚生労働省老健局振興課長)
    パネリスト 和田 康紀 氏(国土交通省住宅局安心居住推進課長)