トピックス&ニュース

平成27年度下半期の安全衛生対策の推進について(取組依頼)

 厚生労働省は、社会福祉施設における労働災害が増加の一途をたどっている現状を踏まえ、平成27年度「全国労働衛生週間(10月1日~7日)」、「過労死等防止啓発月間(11月)」等の機会をとらえ、平成27年度下半期を通して職場の健康と安全の取組を促進していくこととしております。

 本件につきましては8月17日付でお知らせしておりますが、全国労働衛生週間を迎え、厚生労働省から周知依頼がありました、平成26年度の業務上疾病や転倒災害等の発生状況、平成27年度下半期の重点的な取り組みについて、再度お知らせします。

平成27年度下半期の重点事項

1.腰痛予防対策
  • ア 介護・看護作業における腰部に負担の少ない介助法の実施
  • イ 腰痛予防講習会(47都道府県で実施、参加無料)の活用
2.転倒災害防止対策

転倒災害の防止を重点とした安全活動、安全衛生教育の実施(4S活動、KY活動、危険の「見える化」の推進、雇入れ時教育の徹底)

3.交通労働災害防止対策
  • ア 「交通労働災害防止のためのガイドライン」に基づく安全対策の推進
  • イ 高齢者の移動時等における自己防止の呼びかけの徹底及び交通労働災害防止対策の推進
4.メンタルヘルス対策
  • ア 平成27年12月1日に施行される改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に係る取組への準備
  • イ 労働者の心の健康の保持増進のための指針等に基づくメンタルヘルス対策の推進
5.安全衛生優良企業公表制度の推進

安全衛生優良企業公表制度を周知し認定申請を勧奨していただきたいこと。
まずは各事業場で厚生労働省ホームページの安全衛生優良企業の自己診断サイトにアクセスして、自社の安全衛生に係る取組状況を確認していただきたいこと。
(本年9月~11月の3か月間は「安全衛生優良企業重点周知キャンペーン」期間として行政において重点的な周知を行います。)

6.以上において、中央労働災害防止協会が厚生労働省補助事業として実施している中小企業事業場安全衛生サポート事業(無償)の活用。

参考

 以下のURLにて参考情報がご覧いただけます。

労働災害発生状況
平成26年度業務上疾病発生状況等
労働安全衛生法の改正について
職場のあんぜんサイト
平成27年度「全国労働衛生週間」実施要領
腰痛予防対策
転倒災害防止対策等
交通労働災害防止対策
メンタルヘルス対策
安全衛生優良企業公表制度
中小規模事業場安全衛生サポート事業(中央労働災害防止協会)